Home > 自己破産 > 会社の整理と個人破産

会社の整理と個人破産

時々、旧破産法というか、古いイメージを持ったまま、破算の恐怖に怯えている
方がいます。
破算すると、債権者によって住居はもちろんのこと、家財道具や親族の資産まで全て
取られてしまい、今までの生活は維持できなくなり、一家離散や路上生活者になる。
映画やドラマの世界では見聞きしますが、現在の法律ではこんなことは起こりません。
(お金に換金すると、値打ちのありそうな資産は無くなりますが。)
破算しても、会社に勤めることは可能ですし、新たに会社を興し、再挑戦も可能です。
毎日のように電話や訪問による、取り立てなんかも起こりません。

但し、キッチリとした法的根拠に基づいた行動を取った場合です。
支払うべき所に支払わず、資産を換金して夜逃げのような逃避行をしてしまうと、大抵
は大きなツケが回って来ます。

負の遺産は速やかに精算し、新たな活動により新たな資産を作る方が合理的です。
借金返済の為に借金しているなら、早く楽になる方法を考えましょう。
(早く楽になる。→変な意味ではないので、誤解の無いように。)

Home > 自己破産 > 会社の整理と個人破産

検索
フィード
メタ情報

Return to page top