Home > 倒産 | 破産 > 破産するということ。

破産するということ。

お話を伺う中で結構多いのが、自宅という資産を持っていて、倒産や破産をしても自宅だけは
残しておきたい。というご相談です。

担保設定されている場合もありますし、ローン中のものもあります。
負債金額や組織によっては、個人再生等の手法もとれると思いますが、銀行やら買掛やらで、
負債総額が2億円とかいう状態で、会社と個人の資産合計がMAX時で2千万円だとかの場合、
自宅だけは残したい。という気持ちは分かるのですが、ちょっと難しいんですよ。

会社が倒産するということは、お金が回らなくなった。ということで、儲からなくなったと
いうことではありません。
そして、破産というのは事業活動や個人の生活に於いて、資金や収入を負債が大きく上回り、
近未来的に復活できなくなっている状態です。

破産決定をうけ、免責をうけられると今までの負債は「チャラ」になり、取引先に大きな
迷惑を掛けます。
その中で、苦労して手に入れた我が家だけは手放さない。というのは、ちょっと難しい。

大抵の方は、自宅への執着心は非常に強いです。
中には、自宅を売却するなら当面の運転資金は確保できる。それをしたくないから相談
している。と無茶を言われることもあります。

色んなパターンがあるので一概には言えないですが、会社が倒産したら・自己破産したら
どうなるの?というテーマで次回か近々、まとめてみます。

コンサル以外ですが、社長のグチや悩みを電話でお聞きします。

Home > 倒産 | 破産 > 破産するということ。

検索
フィード
メタ情報

Return to page top