Home > 破産

破産 Archive

破産するということ。

お話を伺う中で結構多いのが、自宅という資産を持っていて、倒産や破産をしても自宅だけは
残しておきたい。というご相談です。

担保設定されている場合もありますし、ローン中のものもあります。
負債金額や組織によっては、個人再生等の手法もとれると思いますが、銀行やら買掛やらで、
負債総額が2億円とかいう状態で、会社と個人の資産合計がMAX時で2千万円だとかの場合、
自宅だけは残したい。という気持ちは分かるのですが、ちょっと難しいんですよ。

会社が倒産するということは、お金が回らなくなった。ということで、儲からなくなったと
いうことではありません。
そして、破産というのは事業活動や個人の生活に於いて、資金や収入を負債が大きく上回り、
近未来的に復活できなくなっている状態です。

破産決定をうけ、免責をうけられると今までの負債は「チャラ」になり、取引先に大きな
迷惑を掛けます。
その中で、苦労して手に入れた我が家だけは手放さない。というのは、ちょっと難しい。

大抵の方は、自宅への執着心は非常に強いです。
中には、自宅を売却するなら当面の運転資金は確保できる。それをしたくないから相談
している。と無茶を言われることもあります。

色んなパターンがあるので一概には言えないですが、会社が倒産したら・自己破産したら
どうなるの?というテーマで次回か近々、まとめてみます。

コンサル以外ですが、社長のグチや悩みを電話でお聞きします。

倒産する!!でパニックにならず冷静に。

弊社に相談に来られる方の多くが、ギリギリになってから。
会社を残す為、必死に活動されているのは良く分かります。

でも最後の決断を下した時、いわゆる倒産や破産したらどうなるの?という不安も大きい
と思います。

中小企業の場合、多くの経営者(社長)様が連帯保証人として、融資の保証人となって
います。
なので会社が倒産・破産した場合は、社長様自身が自己破産せざるを得ないことが非常に
多い。というか、大抵の場合そうなります。
最悪の場合は、親族・友人知人も巻き込みます。
倒産=会社の破産となるので、資金<買掛+返済額+その他の支払いとなっています。
突然、ある日の支払いを停止すると、支払いを受ける側から未入金の連絡が入ります。
1~2日は言い逃れできても、結局支払いはできません。

事前に弁護士さんに相談している場合は、弁護士さんより通達が出るので、原則的に
債権者からの問い合わせに対応する必要はありません。

色んな状況があると思います。
社員に対して・債権者に対して・顧客に対して・他の連帯保証人に対して・家族に対して。

できるだけ、迷惑を掛けないようにしよう。という考えは立派なのですが、会社が破綻
すると、関係者に対し、100%某かの迷惑を掛けます。
この部分で「どうしよう」の無限ループに入らないように。
(こういう時は、頭を冷やすことも大切です。ご相談下さい。)

事務的に淡々と処理するのがベストです。
但し、迷惑を掛けてしまう方に対しては、本気で謝罪しないとダメです。

事務所や各種保険の解約、売掛・買掛金の把握、債権者・債務者の把握、従業員への
対応、結構面倒でパワーが必要です。
パニックにならないようにして下さい。

でも実際問題として、途中で何もかも放り出してしまう社長様も結構います。
後のことを考え、キッチリと対応するのが良いと思いますけど。

どうしようも無くなる前に、(有)フルパワーにご相談下さい。

破産 倒産

どう考えても、神風が吹くか奇跡が起こらない限り、会社の存続が難しい。と確信
した場合、大きく分けて2つのパターンの動きが出てきます。

1.まだ○ヶ月は何とかなる。その間に売上と利益を上げ、ギリギリまで頑張る。
  (この間、可能な借金は最大限に行い、瀕死ながら事業を継続)

2.まだ○ヶ月は何とかなる。しかし、その先は極めて状況が厳しい。周りへの
  影響と自分の今後を考え、来るべきXデーに備える。

色んなケースがあるので一概には言えませんが、大きな負債を抱えながら限界まで
頑張った結果、やはりどうにもならなくなってしまった場合、会社は倒産して終わり
なのですが、社長ではなくなった個人として、どうやって生活して行くか?という
ことが重要です。

可能性があるなら、会社は続けて行きたい。という気持ちは良く分かります。
でも負の遺産が大きいと、多少頑張ってもその返済に回るだけで、社員への還元や
処遇アップは難しく、新規の活動資金もままなりません。
倒産や破産を奨めるわけではありませんが、無謀な延命活動は良くありません。

一般的には、経営していた会社が倒産し、自己破産すると、
 ・不動産は無くなります。
 ・車やバイクも無くなることがあります。(年式、残存価値等による。)
 ・連帯保証人になってもらった親族や友人知人に、その支払い義務が生じます。
 ・破産者として、官報に記載されます。(誰も見ないと思いますが)
 ・クレジットカードやローンが使えなくなります。
 ・特定の仕事に就くことができなくなります。
 ・解約金(積立金)がある程度の額となる生命保険は、解約となります。 
? ・現金として99万円以上の資金は持てません。(債権者への返済に回ります。)
 ・会社がなくなる=健康保険も無くなります。
 ・肩書きがなくなり、失業者となります
? ・迷惑を掛けた相手は無視されるか、敵対されます。(当然、例外有り)
 ・一般的な家財道具類は、大抵差し押さえとかはありません。
  ※ それまでの役員報酬が高額で、資産があると見られれば調査が入る
    こともありますが、そうでない場合は、破産直近で購入したような
    もの以外は、そのまま維持できます。
    (要は、差し押さえて売却しても割が合わないものは取られません)
 ・個人の電話やインターネット回線については、月額使用料が支払えるなら、
  そのまま使用できます。
 ・事業に無関係の第三者には、破産したという事情は分かりません。
というような感じです。  

普通に生活する上で困りそうなのは、「以後の収入」という部分だけです。
収入があれば、住居も確保できます。
99万円の現金が残ったとしても、あっと言う間になくなってしまいます。
この部分のみ、シッカリと考えておけば、イメージされているような怖いもの
ではありません。

不安があれば、お早めにご相談下さい。

社長様のストレス解消の電話窓口はこちらをクリック

ホーム > 破産

検索
フィード
メタ情報

Return to page top